サイトメニュー

注射で顔のサイズを変える

注射を打つ人

手軽にできるので注目されている

日本では、だいたい1990年代くらいから小顔に対して憧れを抱く人がかなり増えてきていますが、顔のサイズは人それぞれです。サイズを決める条件としては骨格も大きく影響しますが、もう一つ、咬筋の発達を無視することはできません。咬筋自体は咀嚼するときに必要となる筋肉の一つで、下顎を引っ張り上げる働きがあります。そのおかげで人間は食べ物をすりつぶして食べることができますが、非常に力が強い筋肉で、発達したり凝ったりしてしまうと顔にさまざまな影響を及ぼします。その一つが顔のサイズで、エラが張ってしまうのでどうしても元々のサイズよりも大きな顔に見えてしまいます。そこでボトックスを咬筋に注射すると、筋肉の働きを抑えられるので、結果的に小顔になる効果が期待できるのです。またボトックス自体は非常に手軽に行うことができる施術となっており、副作用の心配をあまりしなくても良いというメリットもあります。そのため、他の美容方法と比べても気軽に受けることができるということからも、現在注目を集めています。また注射をするときは薬の注入量によって顔のラインを微調整することももちろん可能です。したがって、自分の理想とする輪郭に近づけやすいというメリットもあるので、ボトックスは小顔になる方法として注目されています。

ボトックスは筋肉の動きを抑える働きが期待できる注射で、小顔や足を細くする、さらにシワを改善するなどで利用されています。現在では美容の分野でも非常に人気が高くなってきており、注射をするだけで手軽に高い効果を手に入れることができるということからアンチエイジングの方法として注目を集めています。また、この注射自体は色々な箇所に利用できるようになっていますが、中でも筋肉が多い箇所では注射の効果が出やすいという特徴があります。顔は体の各部分の中でも筋肉が多い箇所なので、そこに上手に活用すると若々しいイメージを手に入れる事も期待できます。また、通常効果が期待できる美容方法というと、メスやレーザーを利用したりする方法も決して少なくありません。こうして外科的な観点からアプローチすることによって、直接きになる部位に刺激を与えたりすることもできるからです。しかし少なからず体に傷をつけてしまうため、どうしても体に対して負担がかかってしまうことは否定できません。その点ボトックスは注射で行うことができるので、体にほとんど傷をつける事なく施術を完了させることができます。したがって、安全性が非常に高い美容方法として、日本はもちろんのこと、世界各国で小顔の施術として採用されており定着してきている状態です。

Copyright© 2019 自分の希望するサイズの顔をゲットするために知っておきたい情報 All Rights Reserved.